乗車できる人数が少ない

ピックアップ、またはピックアップトラックとは、キャビンの後方に開放型の荷台がついたタイプのトラックです。
大型トラックは運転席のあるキャブと荷台やコンテナが分離されますが、ピックアップはキャビンと荷台が一体になっています。いわゆる軽トラックも形状的にはピックアップに分類されるものですが、一般的には分けて語られます。
もともとはアメリカの自動車メーカーが農場用に開発したものですが、税金が安いことから若者の間で人気を博し、ハイパワーの乗用車としても市民権を得ています。アメリカ発を意識してか、日本のメーカーのピックアップも、軽トラックと違って鼻が突き出たデザインが多いです。
ピックアップの弱点としては、乗車人数が基本的に2人ということがあります。ボディ全体は決して小さくはなく、どちらかというと中型車扱いなのに、乗れる人数は2人ということで、家族で使用するには向かない車です。
アメリカのピックアップの場合は、前述のように乗用車としての側面も強まっているため、4~5人乗りのタイプも多く出ているようです。しかしこの場合は当然、ボディ全体がさらに大きくなります。もともと燃費が良いタイプではないので、4~5人乗りを選ぶ場合は燃料費がかさむことを考慮する必要があります。

コメント

コメントを受け付けておりません。