乗車できる人数が少ない

ピックアップ、またはピックアップトラックとは、キャビンの後方に開放型の荷台がついたタイプのトラックです。
大型トラックは運転席のあるキャブと荷台やコンテナが分離されますが、ピックアップはキャビンと荷台が一体になっています。いわゆる軽トラックも形状的にはピックアップに分類されるものですが、一般的には分けて語られます。
もともとはアメリカの自動車メーカーが農場用に開発したものですが、税金が安いことから若者の間で人気を博し、ハイパワーの乗用車としても市民権を得ています。アメリカ発を意識してか、日本のメーカーのピックアップも、軽トラックと違って鼻が突き出たデザインが多いです。
ピックアップの弱点としては、乗車人数が基本的に2人ということがあります。ボディ全体は決して小さくはなく、どちらかというと中型車扱いなのに、乗れる人数は2人ということで、家族で使用するには向かない車です。
アメリカのピックアップの場合は、前述のように乗用車としての側面も強まっているため、4~5人乗りのタイプも多く出ているようです。しかしこの場合は当然、ボディ全体がさらに大きくなります。もともと燃費が良いタイプではないので、4~5人乗りを選ぶ場合は燃料費がかさむことを考慮する必要があります。

居住スペースが狭く、乗り心地もあまり良くない

ピックアップトラックの弱点としてよく挙げられるのが、居住性と乗り心地の問題です。
まず居住スペースですが、基本的にピックアップはトラックであり、運転手が一人に助手席に乗る補助要員の人物が一人の二人のりが基本ですし座席のセッティングが一切できないというのも珍しく有りません。
アメリカ向けのレジャー用フルサイズピックアップトラックであれば4人から5人のりで乗用車と同様な座席も備えているという物もありますが、その分サイズも大きくなるため日本にの道路事情に置いては全く向いていないと言うのが実情です。
そしてピックアップに限らずトラックと言うのは一般的な乗用車と違い商用車として扱われることが多いので、足回りのセッティングなどが乗用車とは全く違ってかなり独特で、はっきり言ってしまえば乗り心地はよく有りません。
レジャー用に販売されている車種ならば、一般的なトラックに比べれば乗用車よりのセッティングがしてあり乗り心地は比較的良いのですが、ピックアップトラックは一般車に比べて大型のタイヤを使いますしどうしても車体が大きくなると言う事もありますので、どう頑張ってセッティングがしてあっても一般的な乗用車にくらべると乗り心地が落ちてしまいます。
猫07

雨に濡れてしまうなど天候による荷物の傷みがある

荷台がオープンになったトラックは荷物の積み下ろしに非常に便利で、ちょっとした荷物を沢山運ぶこともできます。
しかしながら、荷台がオープンになっているため、天候によって運べる荷物の種類が限られてしまいます。
例えば資材などを運ぶ時は、水に濡れても良いものは雨天にも運搬が可能になります。
しかしながら、化粧板などの水に濡れては困るものを運搬する際には、避けなくてはなりません。
このように非常に便利な荷台がオープンになったトラックにも一長一短があります。
また、荷台がオープンになったこのようなカーゴタイプのトラックはしっかりと荷物を固定しなければならないという問題もあります。
高さがあり不安定な荷物はしっかりとゴムバンドや、ロープで固定していなければ、すぐに自動車の振動で倒れてしまい、破損したり、傷がついたりしてしまいます。
また、最悪の場合荷台から運搬物が落ちてしまい、後続車への落下などの重大事故を引き起こしてしまう可能性もあります。
そのため、特に不安定な荷物を運搬するさいはいくどもゴムバンドやロープでしっかりと固定されているかどうかを確認するようにしましょう。
また、幌がを装着させることにより、軽い水には耐えられるようになります。

ピックアップの弱点

ピックアップの弱点としてあげられるものはいろいろあるのですが、それらは結局基本は商用車であるという事と、レジャー用途とは家トラックである、と言う2つのことに集積されます。
ピックアップトラックはレジャーに人気があるのは確かなのですが、基本的なところは商用車などの実用車のカテゴリーなので足回りなどもそれに準じており乗り心地はよく有りません。そして商用車なのでクーラーやCDプレイヤーなど無駄な品と言うのはついておらず、つけようと思ったらオプションとなるため割高になっていきます。アメリカ向けのレジャー用途に作られているトラックであればこれらの点も考慮されているのですがアメリカで人気があるピックアップトラックはフルサイズなので日本の道路事情にはあっていません。
乗り心地と言う観点であれば、足回りのセッティングを工夫したらそれなりに良くはなるのですが、基本はやはりトラックでありタイヤの大きさや車体などの関係から一般的な乗用車にはどう頑張っても届きません。
座席などの居住スペースも狭いですし、乗員は運転手と補助要員の二人だけのものが多いです。
これらの点もレジャー向けのものなら考慮されているのですが、値段は高くなりますし乗員数や居住スペースが増えれば増えるほど車体も大きくなり運転しにくいものになります。

商業用には使い勝手が良い

プライベートでドライブを楽しむ車と仕事で便利に使う車では全く目指すところが違うのですが、今回は商業用に使い勝手の良い車としてピックアップトラックに注目してみたいと思います。ピックアップトラックというのはアメリカにおける自動車分類の一つで、大型以外のトラックの総称です。日本においては軽トラ等の呼称で親しまれているものも広い意味ではその一種になります。特徴としては開放式の荷台を持っていることが挙げられます。ボディタイプはシングルキャブ(一列シートの二人乗り)とスペースキャブ(シングルキャブの後ろに荷物用の小さなスペースを設置)、ダブルキャブ(二列シートの4人乗り)の詐種類が存在しています
猫06
ピックアップトラックとは盆念とがあり、後ろの座席を二台にした軽量トラックを指す言葉であり、世界中の国々で愛されています。日本では会社の車として使うことがほとんどですが、海外においては若いユーザーの遊び用の車としての活躍をしていますし、タイにおいては高級車として取り扱われています。とにかく大き目の荷物を載せることが出来、多くの資材を運ぶことが出来るために事業用としての使い勝手が良く様々な会社の商用車として採用されている経緯があります。

荷物の積み下ろしが楽

自動車は使用方法として、人を移動させる際に非常に便利な乗り物となりますが、大量の重たい荷物であっても移動させることも可能とされており、車種によっては非常に便利に機能するものが用意されています。その代表的な自動車にはピックアップと呼ばれている車種があり、荷物の積み下ろしが楽なことで知られている車両になります。ピックアップは運転席などのキャビン部分は一般的な乗用車と同様のスタイルを持っているものですが、大きな特徴としては、後部の荷台部分になります。荷台は一般的なトラックと同じように開放的な荷台が設置されているものになります。基本的には荷台の部分には屋根などが設置されていないことも特徴になり、積雪などがある場合では、シートを用いて保護を行ったり、スコップで除雪することが必要とされています。しかし、ピックアップは数多くの荷物を運び入れする際には非常に活躍するもので、例えば引越しなどを行うことを必要としているシーンでも家電品から家具類などを運ぶことができます。また、荷台部分には積載量や車外へのはみ出しなどを注意しながら荷物を入れる必要がありますが、乗せた物品などが走行中に動かないようにロープなどを用いると、使い勝手が良好になり安全に利用できます。
猫05

長尺ものや大きな荷物を積める

自動車には様々なボディタイプのものがありますが、趣味と実用性を兼ね備えていることで愛されているのが、ピックアップトラックです。 アメリカで特に人気が高いことで知られるピックアップトラックですが、日本でも愛好家が多く、多くの利用者が存在しています。 ピックアップトラックのメリットは、やはり何と言っても荷物の運搬に優れていると言う点です。 特に長尺ものや大きな荷物の運搬に優れており、サーフィンなどのウォータースポーツやスノーボードなどのウィンタースポーツはもちろん、釣りなどを嗜む人に特に重宝されています。 もちろんSUVなどの車種でも大きな荷物を積むことはできますが、やはり車内に荷物を積み込む場合は、どうしても汚れなどが気になってしまうものです。 その点ピックアップトラックならば、汚れを気にせずどんどん大荷物を積み込むことができるので、気兼ねなく存分にスポーツやレジャーを楽しむことができます。 そして、そんなトラックの実用性を持ちながら、スタイリッシュで純粋に自動車としての魅力に溢れる点も、ピックアップトラックの人気の大きな要因です。 生活や遊びをもっと便利にする為に、ピックアップトラックに注目してみましょう。

 

一部マニアの間で非常に人気が高い

オフロードタイプの車にはピックアップというタイプがあります。
ピックアップは特定の車種でしか生産されていません。
通常はカーゴールームとなっている部分が、ボディーが存在せず、トラックと同様の荷台が存在し、主にアメリカなどでは農家や家畜を飼う家庭では所有している世帯が多いです。
アメリカのピックアップの概念として、大型ではなく普通車のトラックをすべてピックアップと呼びます。
日本のピックアップの概念としてはボンネットの付いたオフロードタイプ(4WD)の運転席や後部座席が荷台となっているボンネットトラックが一般的です。
アメリカではほとんどが事業用などで荷物を搭載する目的で利用されていて、高級車という概念とは程遠い実用向きの車ですが、日本においてのピックアップユーザーはマニアが多く、新車の事業用ピックアップではなく、アメ車の大型ピックアップが人気で、大型のオフロード専用タイヤや大型のサスペンションに車高を高く調整し、改造を加えて、エアロパーツを組み全塗装をするという愛好家も多く、彼らは維持費や燃費という点ではなく、ピックアップへのこだわりが大きいと言えるでしょう。
希少な年代のモデルであれば一部愛好家の間で非常に人気が高く、カスタマイズ次第では高額で売買されることもあります。

ピックアップのメリット

ピックアップのメリットはなんと言ってもその積載容量の大きさです
トラックなので当たり前と言ってしまえばそれまでなのですが、ピックアップトラックは荷台があるのでかなり大きな物を運べます
またトラック全般の特徴として馬力があり頑丈であると言うという事もあげられ、前述の搭載容量の大きさとあわせてアウトドアなどの野外でのレジャーを愛好する方々に根強い人気がありますし、アメリカでは税金が安く頑丈で一般車に比べて整備をしていなくても大丈夫なため中古車などでも問題なく動き維持費も比較的安いという事で、金銭的余裕がなくても乗れる車として貧困層や学生などにも人気があります。
猫04
一方でトラックというのはその構造上どうしても乗り心地が悪くなってしまったり、商用車なので運転に関係がないところはオプションとなっている、車種によってはオプションすらついていないと言う問題があります。
ですがピックアップトラックはレジャーなどで一般の方でも愛好する方が多いので、乗用車ほど乗りご心地がいいとは言えませんが一般的なトラックに比べればかなり改善されていますし、オプションパーツや装備品のたぐいも商用車よりは充実している事が多いのもメ利点の一つです。